感情論的、日記的

極端に不定期更新です。

安堂ロイドの小ネタ

本日放送されたTBS日曜劇場『安堂ロイド』。
前クールがモンスター的大ヒット作となった『半沢直樹』だったことから、放送前から酷評されていたけど、個人的には楽しめる作品だったと思う。

さて、ストーリーは『ターミネーター』の焼き直しだと言われているようだが、SF好きにはニヤリとしてしまう小ネタが散りばめられていたので、初回で僕が見つけられたものをピックアップしてみる。
これらの小ネタがストーリー展開にどのような影響を与えるのかは不明だけども、今後視聴する上での「お楽しみ」にはなるのではないだろうか。


  • 登場人物に関する小ネタ
沫嶋黎士(まつしまれいし、演:木村拓哉)→松本零士(代表作『宇宙戦艦ヤマト』)
沫嶋七瀬(まつしまななせ、演:大島優子)→火田七瀬(筒井康隆七瀬シリーズ」より)
星新造(ほししんぞう、演:桐谷健太)→星新一(代表作『ボッコちゃん』)
小松左京子(こまつさきこ、演:山口紗弥加)→小松左京(代表作『日本沈没』)
江戸川斗夢(えどがわとむ、演:ジェシー(ジャニーズJr.))→江戸川乱歩トムとジェリー
栗山薫(くりやまかおる、演:山本美月)→栗本薫(代表作『グイン・サーガ』)
富野好雪(とみやよしゆき、演;日野陽仁)→富野由悠季(代表作『機動戦士ガンダム』)
角城元(かどしろはじめ、演:平岡祐太)→カトキハジメ(ガンダムシリーズのメカニックデザイン担当)
葦母衣朔(あしもいさく、演:遠藤憲一)→アイザック・アシモフ(代表作『われはロボット』)


  • 演出に関する小ネタ
安堂ロイドが沫嶋黎士の机から出てくるシーン
ドラえもんがのび太の机から出てくることのオマージュ?

葦母衣朔が所属している部署が「公安第仇課」
→『攻殻機動隊』シリーズの「公安9課」から?

安堂麻陽(演:柴咲コウ)が地下鉄に落ちるシーン
→『GANTZ』のオマージュ?

安堂ロイドの正式名称が「ARX Ⅱ-13(エーアールエックス セカンド サーティーン)」。
→A はAndroidの頭文字?
→RX はガンダムの正式名称「RX-78-2」から?
→Ⅱ は『新世紀エヴァンゲリオン』の「セカンド・インパクト」から?
→13 は「セカンド・インパクト」の発生日時が2000年9月13日だったことから?


こんな感じで、独断と偏見に寄った類推もあるのだが、作品のコンセプトと設定に庵野秀明らエヴァのスタッフが関わっていることからも、かなり有名SF作品に託けた小ネタを見つけることができた。
半沢直樹と同じくモンスター的大ヒット作となった『あまちゃん』や、現在映画が公開中で同じくTBSドラマだった『ATARU』のように、「わかる人がわかれば良い」と言ったネタが今後も登場する可能性がある。
そして、これらのネタが、まさしく「ネタ」として機能することで、あまちゃんATARUのようにTwitterで視聴者が盛り上がる要因となるのではないだろうか。

そんなことを夢想しつつ、次週からの『安堂ロイド』に期待したい。